バラ色の人生を謳歌させる為の生活リズム|薬で抑えるうつ症状の現状

木

能動的な姿勢が大切

服用

記録をつけること

うつ病と診断された患者に対する治療の中心は抗鬱剤の投薬です。しかし、うつ病は症状の重さなどに個人差があり、それに応じて抗鬱剤にも多くの種類が存在します。そして精神科や心療内科における、うつ病をはじめとした精神疾患の診察の方法は患者への面接です。ですので、特に初診の際に処方される抗鬱剤は次の通院の際にその患者により適した抗鬱剤を処方するための情報を得ることを主目的としたテスト的な意味合いが強いのです。従って、患者は処方された抗鬱剤を服用した結果、どのように症状が改善したのか、あるいは症状の改善が見られなかったのかといったことを可能な限り具体的で正確に医師に伝えることで、より自分のうつ病の症状に適した抗鬱剤を処方してもらえやすくなるのです。同じように、症状が改善されていけば、具体的な改善具合を患者から聞くことによって、医師は投薬する抗鬱剤の服用頻度や1回あたりの服用量を減らすという判断をしていくことができるのです。このように、うつ病治療のための抗鬱剤の投薬は、医療面接における患者からの申告を元に判断されるものです。だからこそ患者は投薬される抗鬱剤の処方内容が変わった際の服用後の様子や、良くなった場合も悪くなった場合も含めて症状が大きく変化した際の様子などを極力具体的で詳細な内容にして、ノートなどに記録として残しておくという工夫が有効なのです。このように、うつ病をはじめとする精神疾患の具体的な症状を医師が正確に把握できるか否かは、患者からの自己申告がどれだけ具体性を伴った正確なものかによって左右されます。だからこそ、うつ病などの精神疾患の治療に際しては患者の能動的な姿勢が治療の成果に大きく作用するのです。

再発性の高さに注意が必要

また、うつ病をはじめとする精神疾患の治療に際して留意しておく必要があるのが、精神疾患は概して再発率が高い疾患であるということです。こうした再発率の高さを勘案して、うつ病の治療に際しては症状が出なくなっても一定期間抗鬱剤の投薬を続けるという治療方針を掲げる精神科や心療内科が一般的となっています。しかし、注意しなければならなくなるのが定期的な抗鬱剤の投薬を終えた後です。一般的には一定量の抗鬱剤は所持したままにしておいて、調子が悪い場合はすぐに服用するという形を医師から推奨されるケースが多く、そして定期的な抗鬱剤の服用が不要になった後もある程度の期間は通院している精神科や心療内科の定期的な受診が必要となります。しかし、その後で定期的な受診が不要になってしまうと、いよいようつ病に対する管理は全て患者自身が取り仕切る必要性に迫られます。こうした時期に再発の兆候があるにもかかわらず放置してしまうと、完全にうつ病が再発し、場合によっては最初に発症した際よりもさらに症状が悪化することもあるのです。ですから、うつ病に一度罹患してしまった患者は、一旦症状が治まったとしても少しでも調子が悪いと感じた際にはすぐに抗鬱剤を服用し、早急に通院していた精神科や心療内科を受診することが重要なのです。特にうつ病は季節の変わり目や、ある一定の季節に症状が悪化しやすくなるという傾向があり、この症状が悪化しやすい季節には個人差があります。中でも特に注意を要するのが最初にうつ病を発症した時期です。こうしたうつ病の再発を予防するための自己管理に際しても、前途の治療期間中の症状に関する記録が有効になります。症状が悪化した際や最初の発症から丸1年が経過した時期の症状を記録しておくことで、どのような時期に注意を要するのか、どのような症状が出た際に医師の診察を受けるべきかといった自己管理のマニュアルとなってくれるからです。