バラ色の人生を謳歌させる為の生活リズム|薬で抑えるうつ症状の現状

木

精神科で診断されたら

医者

服用する時の注意点

うつと診断されると薬が処方されますが、精神的な病気の薬だというイメージがあるので服用する事に抵抗を感じる人もいます。しかし、抗うつ薬は脳内環境の調整をする為の物で、脳内の神経伝達系に作用します。ですから、抗うつ薬を飲むと精神的に弱い事を認めるなどというような物ではありません。即効性は無いので効果を感じるには時間がかかります。数日から数週間くらいなど個人差があるので焦らないようにしましょう。また、効果が出たからといってすぐに服用するのを止めると、感覚では良くなったと感じていても脳内環境の調整がまだ整っていない事があります。抗うつ薬を中途半端に飲んだり飲まなかったりすると、再発する可能性が高くなるので服用期間は守ってください。ストレスが多い現代では珍しくない症状なので、抗うつ薬の開発は日々研究されています。新しく開発された物ほど作用する部分を細かく選択出来るなど良い面もありますが、値段が高い傾向なのでそんなに細かい選択が必要無い場合は最先端の物を使用しなくても良いでしょう。また、新しい物で効果が出やすい人と、昔から使われている古いタイプの物のほうが効きやすい人など個人差があります。副作用は他の神経系に作用する可能性があります。口が乾いたり眠くなったりする事があります。気分的な物では衝動性の高まりなどがありますが、個人的な要因があるので医師の指導を守るようにします。薬の成分は個人の症状によって決定されるので、自己判断で服用をストップするなどはしないようにしましょう。

選ばれる理由

抗うつ薬の開発は進んでいるので以前よりも選択する人が増えています。神経伝達物質の種類や量に合わせたりしています。その沢山の種類の中から、患者の症状や重症度によって医師が処方しています。うつの種類や症状は人によって様々ですが、神経伝達物質のバランスが取れない事で睡眠障害が起こる事もあります。この場合は睡眠を補助する薬も服用する必要があります。寝れない不安もストレスになるので、まずは睡眠出来るようにしながら相互作用が少ない物を併用します。症状の重さにもよりますが大体は、初めから多量を処方する事はありません。少ない量から様子を見ながら徐々に増やしていきます。症状が無くなってきたら少しずつ量を減らして治療終了になります。この判断は専門医師に任せるのが良く、患者自身や家族の判断で量を決めないようにします。抗うつ薬に限らずに他の薬でも、有効性や効果だけでは無くて安全性などにも気をつける事が大切です。症状に対して安全に効果が出るような処方を医師がしています。疑問やわからない事があれば主治医に聞くようにしましょう。また、成分などについては薬剤師に納得出来るまで説明を求めるようにします。ちゃんと理解したら指示された事を守って服用するようにします。効果の状態を見極める期間としては数ヶ月かかる事が多いです。症状には個人差があるので、途中で薬の量が増えたり通院間隔を短くするケースもありますが、診断する為の物です。ストレスにならないようにあまり気にしないようにして気楽に治しましょう。